硬化促進剤(Ⅰ種)

フローリックAFP-2

硬化促進剤Ⅰ種

厳寒期のコンクリート施⼯は、強度発現の確保・初期凍害防⽌などにより、特に⼊念な養⽣が必要となります。フローリックAFP-2は、コンクリートの凍結温度を下げ、また、低温下における硬化促進作⽤により、初期凍害防⽌、養⽣⽅法の簡素化による作業効率の向上を実現する混和剤です。

特長

  • ○外気温が0〜-15℃においてもセメントの⽔和反応は進み、早期強度発現とその後の強度も材齢と共に増進します。
  • ○低温下における養⽣⽅法の簡素化が可能です。
  • ○AE減⽔剤および⾼性能AE減⽔剤などの併⽤により、凍結融解に対して⼗分な抵抗性が得られます。
  • ○コンクリート中の鉄筋、鋼材など発錆の原因となる塩化物を含みません。
  • ○JIS A 6204「コンクリート⽤化学混和剤の硬化促進剤(Ⅰ種)」に適合します。

カタログダウンロード

フローリックAFP-2

PDF:1MB

製品カタログを見る

お問い合わせ

トップへ戻る